AIU保険会社について

AIUは損害保険会社です。

1946年、外資系の損害保険会社として日本で営業を開始しました。

本部はアメリカにあり、日本支店という形で、色々な保険のサービスを提供してきました。

そして2013年には、日本法人のAIU損害保険株式会社となり、独立して日本国内の必要に合わせた保険のサービスを提供しています。

それではここで、保険サービスの一部をご説明しましょう。

まず、個人で保険をかけたい場合は、海外旅行保険があります。

これは、海外旅行で病気やケガをしたとき適用される保険です。

自動車保険は自動車事故などにあったときのためにかける保険で、家族構成に合わせて色々な補償を選ぶことが出来ます。

さらに火災保険と地震保険がありますが、この保険は住まいに関係する損害を補償します。

医療保険と入院保険は、それぞれの必要やライフスタイル、年齢に合わせてけがや病気をしたときにきちんと補償を受け入れられるようにします。

さらに損害を与えたときの保障についての保険、けがに特化した保険などもあります。

次に法人向けの保険についてご紹介したいと思います。

業者に合わせて色々な保険があり、製造業、建設業、販売業、飲食業、IT業など、独自の起こりうる状況に合わせた保険が用意されています。

経営者のリスクを軽減させる保険や、従業員のリスクを軽減させるもの
また、会社の設備を補償する保険などがあります。
このほかにもその会社の必要に合わせた保険が何種類も用意されています。

このサイトでは建設業の工事保険について後ほど詳しく取り上げたいと思っています。

AIUの工事保険の種類、補償についてご紹介したいと思います。