これでわかる!墓石のいろは

お墓を建てるためには墓石の代金以外にも様々な支払いが必要となります。墓石を購入するなら他費用も考えた上で予算を組みましょう。

RSS 2.0

お墓の購入は墓石以外にも費用がかかる

超高齢化社会と言われ長寿国になってきていますが、人は必ず死にます。

その時にはお墓を用意しなければならないのですが、お墓を建てるのにはいくらくらい必要なのかを知っておき、お金を用意しておかないと大変です。

・お墓の購入相場は

お墓を買うのにいくらくらい必要なのかご存知ですか。

全く知らない、わからないという人が多いのではないでしょうか。

あるアンケートによるとお墓を買うのに必要な費用は100万円以下で買う(買いたい)と考える人が約半数でした。

中には500万円以上で考えているという人もいて、人によって大きな差があると考えられます。

・実際に購入した額は

実際にお墓を購入した人は、どれくらいの費用がかかったのでしょう。

だいたい100万円から200万円の間で購入したという結果がでています。

想定していた金額と、実際にかかった金額とはやはり差が出ました。

家と一緒で、なかなか買えるものではないので買える時に買っておこうと考えた方が良いでしょう。

・お墓にかかる費用

お墓を購入するにあたりどのような費用が発生するのかですが、永代使用料、墓石代、管理料が必要です。

永代使用料というのは霊園や墓地の場所代にあたります。

そして墓石代は墓地に建てる墓石のことです。

墓石代には棹石、納骨棺、外柵、香炉、花立などの石材と、家名や題目、建立日などの彫刻料、据え付け工事代などを含んだ価格になります。

墓石代は金額の差が出やすいところで、墓石の種類によって値段がかなり違います。

管理料は墓所運営にかかる費用で、数千円から数万円必要になります。