工事保険の統括契約について

AIUの工事保険には統括契約があります。

統括契約とは、契約期間中のすべての工事に保険をかけるもので、この契約をすると色々なメリットがあります。

まず、万が一に起きるかもしれない事故に備えて保険をかけておくことで、突然の出費を抑え、また保険料のみを支払うことにより出費を予算化することが出来るので、経営の安定につながるでしょう。

また一年の間のどの現場でも保険がかかっていますので、安心感があります。

個別契約をした場合は、その現場のみ保険適用で、他の現場は保険がききません。

それでどの現場に保険をかけ、どの現場は保険がいらないか考え、保険の手配をするのは面倒ですが、統括契約にはその面倒くささがありません。

また統括契約は補償が充実しているというのも別の特徴となっています。

荷卸し作業を開始したときから保険の対象となり、また事故が起き復旧をいそがなくてはいけなくなり、それにかかる余分の費用も保険の対象となっています。

このほかの、対象となる工事や保険の対象物は、個別契約の条件と一緒です。

保険期間ですが、基本一年契約で、契約日から保険の対象期間になります。

この契約日をまたいで工事が行われている場合も、契約日以降は保険の対象になります。

そして契約日終了をまたいで工事が行われている場合も、終了日以降は、保険の対象にはなりません。

それで契約した一年間の間に行われている工事が対象になるというわけです。

もちろん、続けて契約をしたい場合は、延長手続きをすれば2年目もAIUの工事保険に加入することが出来ます。