これでわかる!墓石のいろは

お墓を建てるためには墓石の代金以外にも様々な支払いが必要となります。墓石を購入するなら他費用も考えた上で予算を組みましょう。

RSS 2.0

改葬とは?どんな手順で行われる?

お墓の引越しには、墓石と遺骨の両方を移設する方法と、遺骨だけを引越す方法があります。

遺骨だけを新しい墓地に移すのは「改葬」と言われています。

ここでは、改葬の手順についてまとめています。

・改葬の手順その1

遺骨だけを引越す場合は、どんな場所に移るのかをまず考えます。

最近多いのは、新しい墓地や霊園、樹木葬、納骨堂、合祀の集合墓などです。

費用やアクセス、永代供養の有無などを考えて自分に合ったところを選びます。

行き先が決まったら、墓地なら墓石の建立、樹木葬や納骨堂ならいつから利用するかを決めます。

そして納骨ができる状態にしておきましょう。

そして今のお墓がある市町村役場で改葬許可申請を行い、許可をもらいます。

・改葬の手順その2

改葬許可が出れば今納骨されている遺骨を墓石から取り出します。

この時、勝手に取り出すのではなく、宗教儀式(魂抜きや閉眼供養などのお経を読んでもらう)を行います。

取り出した遺骨は移設先に納骨します。

この時も宗教儀式を行うことがあります。

・元の墓地はどうするのか

遺骨を改葬した後の墓地は、もしすべての遺骨を改葬したのであれば更地にして戻します。

墓石も撤去しなければいけません。

しかし一部の遺骨だけを改葬したのであれば、またお参りする人がいますからそのままにしておいて大丈夫です。

お墓の引越しや改葬は、そう経験することではありませんからわからないことばかりという人がほとんどです。

専門の相談機関がありますから、相談しながら行うようにしましょう。

OFF
admin01