バイク買取を成功させるには?気になることいろいろ

バイク買取時の査定ポイントとは?どんなところがチェックされる?

「バイク買取」の事に関する情報サイトです。
バイク買取時の査定で、どんなところがチェックされるのかをまとめています。転倒歴はしっかりチェックされるようです。

バイク買取時の査定ポイントとは?どんなところがチェックされる?

バイク買取業者に査定してもらう場合、少しでも高く査定して欲しいと思うのは誰もが同じです。

大事にしてきたバイクだからこそ、どんなふうに査定されるのか、査定基準はどうなのかが気になるものです。

一般的なバイク査定ポイントを調べてみました。

◆バイク買取相場情報の出し方

バイク買取業者が査定額を出す時にチェックするのが相場情報です。

これは車種や走行距離、年式などから出されます。

オークションでどれくらいで落札されているか、中古バイクでどのくらいで売られているか、今まで会社で買取した価格、似た車種の相場情報などから相場情報が出されるのです。

◆査定の時バイクの何を見ている?

業者からすると、できるだけ良い状態のバイクが欲しいと思っています。

そのため重視されるのがバイクの転倒歴です。

バイクに乗っていて、一度も転倒したことがないという人はほぼいないでしょう。

バイクを倒してしまったという人はほとんどではないでしょうか。

その痕跡を査定スタッフは見るのです。

フレームが歪んでいないか、ハンドルストッパーが変形していないか、フロントフォークの動きがスムーズか、歪んでいないか、エンジン回りの状態、オイル漏れはないか、フレームやタンクに傷はないか、タイヤ、ブレーキ、ライトなどのチェック、パーツのチェックが行われるのです。

転倒歴や傷については、どうしても隠したくなりますが、正直に申告することをおすすめします。

専門の査定スタッフが見ればわかるのです。