バイク買取を成功させるには?気になることいろいろ

バイクの税金を回避するのに、3月では買取が無理という意味は?

「バイク買取」の事に関する情報サイトです。
バイクの税金を回避できる期限は年度末の3月31日です。この時期は買取店にとって繁忙期なので早めの依頼が必要です。

バイクの税金を回避するのに、3月では買取が無理という意味は?

バイクの税金を回避できる期限は年度末の3月31日ですが、この時期は買取店にとって繁忙期。

3月に入ってしまったらどこも手一杯の可能性があります。

バイク買取店の担当者が「3月ではむずかしい」と言ったのは、バイクの名義変更にかかる期間が2週間以上かかり、バイクにかかる税金を回避するのに、「年度内に処理するのは間に合わない可能性が高い」という意味です。

バイク税(軽自動車税)の課税は、年度が切り替わる3月末日が期限です。

そのためバイク買取店では3月に入ってしまうと繁忙期もピークに達し、駆け込みの客の要望に応えることができません。

3月は課税を回避したい人ばかりではありません。

引越しや転勤などに絡む需要も重なります。

移転先にバイクを運ぶにはそれなりのコストもかかります。

進学祝いに新しいバイクに買い替えてという人もいます。

計算上では名義変更と税金回避のスケジュールには間に合っても、買取店のやりくりが追いつかなくなるのです。

バイクの買取は「一括見積もり」で複数のショップに依頼するようにしましょう。

最低でも5社は必要です。

年度切り替えの3月が近づいてくると、買取店の査定額が下がる可能性が大きくなります。

買い手であるバイク店が強気になるので、「この査定額で良ければ買取ってもいい」という形成不利な状態になります。

そのことを考えると、1月よりも早い年内の処理がいいかも知れません。

高値売却を望む人はなおさらです。